IV NTX検査実施上の留意点
NTX検査には尿(尿中NTX)と血清(血清中NTX)の2種類があり、 検査センターで受託しています。
尿中NTX検査について
測定値の表示
尿中NTXは尿の濃度を補正するため尿中クレアチニン値で補正された測定値になります。
単位はnmol BCE/mmol Crと表示され、クレアチニン補正(mmol Cr/L)された値になります。
BCEはBone Collagen Equivalentの略号であり、NTXの測定単位です。
検体採取
NTXの尿中排泄は夜間に高く、午後に低下することが報告されています*10)。こうした日内変動による誤差を避けるために、採尿は早朝第二尿(朝2回目の尿)が推奨されています。早朝第二尿の採取が困難な場合は、採尿時間帯を同一にすることが推奨されます。
尿検体の保存は3日までは低温、それ以上の場合は凍結(−20℃以下)してください。
判定基準
骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択の指標及び薬剤効果判定の指標
35.3*1 nmol BCE/mmol Cr :骨量減少のリスクが高いと予測されるカットオフ値11)
54.3*2 nmol BCE/mmol Cr :骨折のリスクが高いと予測されるカットオフ値11)

*1:健常閉経前女性(30〜44歳)の平均値+1.0SD
*2:健常閉経前女性(30〜44歳)の平均値+1.96SD
健常人参考値12)
閉経前女性(30〜44歳)  9.3〜54.3 nmol BCE/mmol Cr (n=189)
閉経後女性(45〜79歳)  14.3〜89.0 nmol BCE/mmol Cr (n=1,249)
男   性(40〜59歳)  13.0〜66.2 nmol BCE/mmol Cr (n=118)

* 健常者におけるNTX値の平均値±1.96SD
骨粗鬆症患者の尿中NTXによる管理例
 
監修:浜松医科大学 名誉教授 井上 哲郎
骨粗鬆症患者の尿中NTXによる管理例
※nmol BCE/mmol Cr 参考:骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用ガイドライン(2004年度版),
Osteoporosis J. 12(2), 191〜207
図を拡大
血清中NTX検査について
測定値の表示
血清中NTXはクレアチニン補正の必要がありません。
単位はnmol BCE/Lと表示されます。
検体採取
検体は血清であり、血漿は測定できません。
日内変動13)による誤差を避けるために、採血は午前中に行うことが推奨されます。午前中の採血が困難な場合は、同じ時間帯に採血する必要があります。
血清検体の保存は24時間以内は低温、それ以上の場合は凍結(−20℃以下)してください。
判定基準
骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択の指標及び薬剤効果判定の指標
13.6*3 nmol BCE/L :骨量減少のリスクが高いと予測されるカットオフ値11)
16.5*4 nmol BCE/L :骨折のリスクが高いと予測されるカットオフ値11)

*3:健常閉経前女性(40〜44歳)の平均値+1.0SD
*4:健常閉経前女性(40〜44歳)の平均値+1.96SD

正常参考値2)
閉経前女性(40〜44歳)  7.5〜16.5 nmol BCE/L(n=27)
閉経後女性(45〜79歳)  10.7〜24.0 nmol BCE/L (n=141)
男   性(40〜59歳)  9.5〜17.7 nmol BCE/L (n=95)

* 健常者における血清中NTX値の平均値±1.96SD
骨粗鬆症患者の血清中NTXによる管理例
 
監修:浜松医科大学 名誉教授 井上 哲郎
骨粗鬆症患者の血清中NTXによる管理例
※nmol BCE/L 参考:骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用ガイドライン(2004年度版),
Osteoporosis J. 12(2), 191〜207
図を拡大

10) Blumsohn A. et al.:J.Clin. Endcrinol. Metab. 79(3), 730-735, 1994
11) 骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適性使用ガイドライン(2004年度版),Osteoporosis J. 12(2), 191-207, 2004
12) 福永仁夫他:骨代謝,マーカーの年齢・性別の基準値 Osteoporosis J. 9(2), 265-271, 2001
13) Gertz B. J. et al.:Calcif. Tissue Int. 63, 102-106,1998
目次 前へ 次へ
NTX目次サイトマップ

<お問い合わせ>
アリーア メディカル 株式会社 お客様相談室: 0120-1874-86(フリーダイアル)
(9:00-17:00 土、日、祝日を除く)

Copyright(c) 2011 Alere Medical Co.,Ltd.