本邦の骨粗鬆症患者は約1,280万人と推定され、高齢化が進む中、その予防、診療、治療は重要性を増しています。
骨粗鬆症の発症予防と効果的な治療がなされれば、骨粗鬆症患者のQOLやADLの維持並びに骨折によって生じる医療費負担の軽減が可能となります。
このため、1)骨粗鬆症の早期診断、2)既に罹患した骨粗鬆症に対する効果的な治療、3)高精度の治療モニタリング、4)将来の骨折リスクの評価に重点が置かれつつあります。

骨代謝マーカーは骨質評価、将来の骨折リスクの評価、また骨吸収抑制薬の有効性評価においても有用な手段です。 そのため、骨粗鬆症診療において必要不可欠な臨床検査項目として成長し、さらに発展を続けています。

<お問い合わせ>
アリーア メディカル 株式会社 お客様相談室: 0120-1874-86(フリーダイアル)  (9:00-17:00 土、日、祝日を除く)

アリーアメディカル株式会社